様々な小顔治療【治療方法を選択できるメリット】

リスクの小さい施術を選ぶ

看護婦

複数の方法がある

現代の美容外科では必ずメスを使うわけではなく、切らなくても小顔にできます。美容外科の治療ではアゴなどを削る施術を受ける印象があるかもしれませんが、他の方法も選択が可能です。メスが不要な小顔治療の1つにプロテーゼがあり、アゴに人工軟骨を入れることで出っ張りを抑制できます。顔が大きく見えるのは丸みがあるためで、アゴにプロテーゼを挿入すればシャープな顔立ちになります。プロテーゼの施術前には麻酔を行うために、患者が痛みを感じることはありません。傷口が目立つ恐れも無く、施術が完了した後のダウンタイムも少ないです。注射を使った施術も美容外科では幅広く行われていて、注入する成分も選べます。小顔治療で使用する美容成分は、主にヒアルロン酸やボトックスです。これらの成分をアゴに注入すれば顔を小さくできるので、メスを入れなくて短時間で小顔を実現することが可能です。特に美容成分を輪郭に注射する施術はリスクが小さいことで知られており、初めて美容整形をする人に向いています。骨を削る治療と比較して、痛みもなく、安全性の高い治療になるので気軽に受けられます。施術の当日からメイクができるほど、ダウンタイムの期間がほとんど無いので生活に支障をきたす心配がありません。近年の美容外科の技術は進歩しており、小顔にする治療法の幅は広がっています。昔のように骨を削る手術を選択する必要が無くなっていて、いくつかのメニューを医者と話し合いながら決められます。カウンセリングに力を入れている美容外科ならば、十分な時間を使って話し合える環境を整えています。最新の機器で患者の理想的な顔の大きさをシミュレーションして、治療方法を選択できるメリットがあります。患者が治療を受ける前に、施術後にどのような顔立ちになるのか教えてもらえるので、イメージしながら施術に臨めます。満足度の高い治療を受けたほうが、後悔することが無いために納得して生活を送れます。日本の色々な都市で開院している美容外科ならば、遠くの場所にあるクリニックに行かなくても済みます。ホームページを確認して小顔の施術を実施している美容外科ならば、全国でクリニックを開設しているところのほうがおすすめです。美容整形は1回だけで完了するとは決まっていないので、複数回通える場所にあるところに予約を入れたほうが無難です。

女の人

顔が変化する喜び

顔のサイズが大きいせいで、自分に似合う髪形が見つからなくて困っている時にも小顔整形は役立ちます。ボトックス注射や脂肪溶解注射を利用する際には、手術に使う薬剤の種類を比べておくと、副作用も心配せずに手術をお願いできます。

顔に触れる女性

どの選択肢を選ぶかが重要

小顔になる為には自力やエステ、美容整形など幾つかの選択肢がありますが、得たい効果や予算に応じて選ぶ事になります。準備段階では施術や施術を行う機関を絞り込む事とカウンセリングを受ける事が重要で、費用の工面を考慮しなければいけません。

看護師

顔の大きさの問題

小顔になりたいと考えているのであれば、ボトックス注射を受けてみるとよいでしょう。そうすることによってエラの張りも気にならなくなりますし、気軽に施術を受けることができるので安心してコンプレックスを解消できます。

カウンセリング

失敗しない為に

筋肉や脂肪など、顔が大きく見える原因は様々です。その為治療方法も様々であり、適した治療を受けないと思った小顔効果を得る事ができません。費用は高額なので、冷静に必要な治療を選択する為に複数機関で診察を受けて情報を整理する事が必須です。

医者

満足度の高いプラン

小顔にするための手術プランは、様々な形で提案してくれるので、自分に適したプランを選ぶことが可能です。美容整形外科のクリニックでは、顔の状態を多角的に検証して、カウンセリングも丁寧に実施するので、信頼して受診できます。